アレルケアのL-92乳酸菌 アトピーや花粉症

【アレルケア】知っておくべきL-92乳酸菌!アトピーや花粉症といったアレルギーに強い

アレルケアはL92乳酸菌を配合した乳酸菌サプリメント!

当然といえば当然なんですが、アレルケアを買う理由は

 

健康にいい効果を期待して買う

 

わけですよ。

 

 

サプリメントなんて全部そんなものですよね。

 

つまりアレルケアなんていうのはL-92乳酸菌がすべてと言っても過言ではないです。
もしL-92乳酸菌が配合されていないアレルケアがあったら、それは単なるラムネ菓子です。
逆にいえば、ラムネ菓子にL-92乳酸菌が配合されている物がアレルケアなんです。

 

 

アレルケアはL92乳酸菌を配合した乳酸菌サプリメントです。
このL-92乳酸菌の効果目当てでみんなアレルケアを買うんです。

 

アレルケアの実際の役目って
「L-92乳酸菌を摂取させること」
なんですよ。

 

いや、ここを間違えている人がいますけど。
アレルケアは手軽にL-92乳酸菌を摂取するサプリメントです。

 

アレルケアのほうからしたら
「効果のほうはL-92乳酸菌にお任せします」
ってことなんです。
アレルケアはL-92乳酸菌摂取の方法の1つってことですね。

 

 

 

乳酸菌の効果はそこまで高いものか?

そんな感じでL-92乳酸菌摂取目的でみんなアレルケアを買うわけですが…。

 

L-92乳酸菌の効果は、カルピス社が一生懸命宣伝しているので、興味を持つ人も多いです。
ただヨーグルトでもそうですけど

 

乳酸菌を配合した商品にそこまで高い効果効能を期待する人はいないでしょ。

 

ヨーグルトを食べるときに
「これはすごい乳酸菌を配合したヨーグルトなんだ!」
なんて言って食べる人はほとんどいないと思います。
いや健康効果目的で食べる人は多いですけど。

 

最近は明治あたりは機能性ヨーグルトなんていって。
ヨーグルトに配合された乳酸菌の効果をアピールしたりもしていますし。

 

 

でも結局は乳酸菌は乳酸菌であって。
納豆も、納豆菌が配合されていても
「納豆は薬だ!」
なんて考えて食べる人はいないと思うんです。

 

病院で
「薬を処方します」
と言われて、納豆がでてくることはないでしょ。

 

 

まぁ病院で乳酸菌を配合した薬がでてくることはあるんですけどね…。

 

 

でもやっぱり乳酸菌は、薬とはちょっと違うでしょ。

 

 

アレルケアはサプリメントですし、効果が高そうに感じている人が多いわけです。
でも、アレルケアはL92乳酸菌を配合した小さな粒の食品を買っているだけなんです。

 

さっきも言いましたけど簡単に言えば
「アレルケアはL-92乳酸菌を配合したラムネ菓子」
です。

 

目的はL-92乳酸菌の摂取です。
効果がでるのかどうかを望むのかは、購入側の勝ってなことなんですよ。

 

 

だからアレルケアの口コミを見ていると
「効果がなかった詐欺だ!」
と言っている人がいますけど。

 

アレルケアを飲んでL-92乳酸菌を摂取できた時点で、詐欺ではないんですよ。
詐欺なのはL-92乳酸菌のほうですね。

 

そして乳酸菌の効果なんていうのは、薬とは違ってゆるーいものだと思うので。
そんな実感とか簡単にできないほうが普通だと思います。

 

 

 

 

 

ヨーグルトを食べるとき効果を気にして食べるのか?

たとえば、乳酸菌を配合している食べ物といえば代表的なものにヨーグルトがあります。

 

 

自分も毎日ヨーグルトは食べています。

 

明治ブルガリアヨーグルトや森永ビヒダスヨーグルトを食べるときに
「このヨーグルトの効果はなんだね?」
みたいなことを考えないと思います。
普通はそこまで深く考えずヨーグルトを食べますよね。

 

ヨーグルトを買うときに店員に
「このヨーグルトを食べても副作用とかないですかね?」
とか聞かないと思うんです。
いや、そういう人もいるの?

 

 

考えるとしても
「乳酸菌が配合されているみたいだから、少しは健康にいいだろ」
ぐらいだと思います。

 

納豆なんかもそんな感じだと思うんですよ。
「納豆は健康に良いって言われているし買うかぁ」
ぐらいだと思うんです。

 

納豆を買うときに
「納豆にはどういう効果がありますか?」
とかいちいち店員に聞いて買う人はいないと思います。

 

 

アレルケアになると効果にこだわりすぎるのはおかしい気がします。
だってアレルケアは乳酸菌サプリメントなんですから。

 

乳酸菌サプリメントというのは乳酸菌をお手軽に摂取できるものにすぎない

 

んですからね。
別にそれが魅力のないものでもないです。

 

用はアレルケアを買うときも、ヨーグルトを買うときと同じぐらいの感覚であるべきなんです。

 

 

自分からすれば、乳酸菌サプリはそこまで魅力的なものにも思えません。
なぜなら自分は毎日ヨーグルトを食べていますから。

 

ヨーグルトを毎日食べれなくて、手軽に乳酸菌を摂取したい人が乳酸菌サプリを買う
それがサプリだと自分は思っています。

 

だからアレルケアの口コミで
「私はラムネ菓子を買っているわけではない!効果がないなら詐欺だ!」
みたいなことを言っている人がいるんですが。

 

 

アレルケアは、ラムネ菓子のようなものにL92乳酸菌を配合しているにすぎないんです。
ラムネ菓子みたいなものに、L92乳酸菌が配合されているから、簡単に乳酸菌が摂取できるんでしょ?
サプリってそういうものでは?

 

カルピス社の広告がちょっと大げさだからいけないところもあるのだと思います。
そもそも広告でL92乳酸菌について知らなかったら、興味さえも持たなかったと思います。

 

自分もL92乳酸菌は広告で知りましたから。

 

 

 

L92乳酸菌が配合されているからアレルケア?

「L92乳酸菌が配合されているからアレルケア」
これは正しいと思います。

 

L92乳酸菌が配合されているから、アレルケアという乳酸菌サプリを買う。
つまりほしいのはサプリではなく、L92乳酸菌というわけですね。

 

 

でも、L92乳酸菌がそこまで魅力的に考えるのかどうかは

買う人の自由であって、カルピス社とかL92乳酸菌に責任があるわけではない

と思うんですよね。

 

たしかにカルピス社はL92乳酸菌が魅力的なようにアピールしています。

 

「L92乳酸菌でアトピーが!」とか
「L92乳酸菌で花粉症が!」とか言われると興味がでます。
自分もアトピーだったのでそういったアピールでL92乳酸菌というかアレルケアに興味を持ちましたから。

 

でも、そういった広告をみてどう思うのかは、こちらのほうにかかっているわけです。

 

 

ジャパネットタカタの商品を紹介している人は、家にその紹介した商品全部あるのか?といえば
持っていない商品だって絶対あるでしょ。

 

「自分は持っていないけど、おすすめしちゃいますよ!」
そんなの電化製品店の店員だったら、日常茶飯事でしていますよ。

 

あたりまえのことですが、そこらへんがずれている人が多いです。

 

 

「カルピス社がL92乳酸菌がいいって言ってた」
ってあたりまえでしょ。
どこに自社が保有しているものをけなす人がいるんですか!

 

ヤクルト社は乳酸菌シロタ株を褒めます。
明治はLB81乳酸菌やLG21乳酸菌を褒めます。

 

 

 

あたりまえのことでしょ。
だって、自社が保有している乳酸菌なんだから!

 

 

カルピス社はボランティアでアレルケアを売っているのか?
というか、この世に1つでも、ボランティアで物を売っているメーカーってあるか?

 

医者や病院でさえも、金が絡んでいるから診察してくれているのでは?

 

一部のメーカーは無料サンプルというものを出していますけど、あれも製品購入につながるから出しているわけであって。
理由があってああやっているわけですよね。

 

ティッシュくばりだって、別にティッシュを配りたい変な趣味がある人がいるわけではないんですよ。
ティッシュの中に、広告の紙が入っているわけですよね。
つまり無料のものでさえも、そこには何らかの思惑があるわけですね。

 

 

だからなんかアレルケアやL-92乳酸菌のことを
「アトピーの人のために作られたもの!」
と思っている人がいますけど。

 

たしかにアトピーの人をターゲットにしているところはあると思います。
そしてアトピーの人を対象に実験や研究もしています。

 

でもそれはカルピス社が製品を売りたいからやっていることであって。
アトピーの人のために作られたものというのは確かに正しいですが。
カルピス社自身のために作られた製品でもあります。

 

 

でもそんなことをいえば、病院や医者だって同じことですよ。
たしかにこちらの健康や悪いところをみてくれますが、その結果病院や医者にはお金が入ってくるわけでしょ。

 

アトピーにいたっては、病院に行っても治らない人は大勢いるわけで。
似たりよったりといったら、言葉が悪いかもしれませんが。
だれもボランティアでアトピーを治そうとしてくれているわけではない気がします。

 

だから自分はアトピーを治すのなら、自分自身の努力は絶対に必要不可欠だと思っています。

 

 

 

 

 

L92乳酸菌と他のメーカーの乳酸菌の差とは?

自分は思うんですがL92乳酸菌にいろいろな特徴があれば、他のメーカーの乳酸菌にも特徴があるわけで…。
どの乳酸菌が優れているのかなんて、人との相性で決まります。

 

 

だからL92乳酸菌が優れているのかどうかなんて、その人の中でどう思っているのかに過ぎません。

 

 

例を出すとして「パン」と「お米」どちらが好きですか?

 

 

 

パンが好きならパンを買えばいいでしょうし。
お米が好きなら、米を食べればいい。

 

パンのほうがお米より優れているなんていうことはありません。
お米がパンより優れているということもないです。

 

でもパンもお米も特徴のある食べ物です。
好みはありますよね。

 

自分はお米派です。
日本人だからというところもありますが、米のほうが安定しているでしょ。

 

パンといってもいろいろなパンがありますし、パンは焼きたてを食べるのは困難でしょ。
ならお米に決まっていますよ!

 

 

そういうことがL92乳酸菌と他のメーカーの乳酸菌にも同じことが言えます。
L92乳酸菌と相性のいい人もいれば、他のメーカーの乳酸菌と相性がいい人もいる。

 

だから

 

「○○乳酸菌が効果が高い」とかはくだらないこと

 

です。
くだらないというかしょうもないです。

 

「お米のほうがパンよりうまい」とか「パンのほうがお米よりうまい」とか、別に言ってもいいと思うんですが、そんなの好みというか、絶対的なものではないですよね。
自分もたまにそういうこと言うんですけどね!!

 

きのこたけのこ戦争で勘弁してください!

 

 

マルちゃんはマルちゃん正麺でひっくり返るとかCMでアピールしていましたけど。
人によっては
「日清のカップヌードルのほうが普通にうまいわ」
「マルちゃん正麺でひっくり返るのなら、カップヌードルなら空を飛べちゃうわ」
なんて人もいると思います。

 

 

L92乳酸菌は「効果が高い」のではなく、相性がピタリとハマれば効果を実感できると考えるといいかもしれません。
まぁ人間の健康なんて、確実なものはなにもないですから。

 

少なくともL92乳酸菌は乳酸菌なわけで健康に悪いものではないので、摂取する価値は十分にあるでしょ。

 

 

 

アレルケアの効果効能は実際に試して確かめるしかない

結局アレルケアを自分で試してみて、効果があるのかどうか確かめるしかないってことですね。

 

まぁ自分はアレルケアを試しましたけど、それでも効果があったのかどうかよくわかりませんでしたけど。

 

だって、アレルケアを試したのなら、アレルケアを飲まなかった自分がどうなっていたのかなんてわからないですから。

 

 

うちの親もグルコサミンやコンドロイチンのサプリを飲んでいますが、関節痛で悩んでいます。
でもそれで効果がないとは判断できません。
「飲んでいなかったら、もっと関節痛がひどくなっていたかもしれない」
と、親も言っていますから。

 

 

自分は毎日ヨーグルトを食べていますが、それも効果がでているのかどうかもよくわからないですよ。
でも、毎日ヨーグルトを食べています。

 

自分の勝手でしょ。
食べる気がなくなれば、毎日ヨーグルトを食べるのもやめますよ。

 

それも自分の勝手でしょ。
だれかに言われて、毎日ヨーグルトを食っているわけではないです!
ヨーグルトを食べるのをやめて、誰かに責められるわけでもないです。

 

自分の意思でヨーグルトを食べているわけで、アレルケアだってそういうものでしょ。

 

たまに
「ヨーグルトは効果がない」
とか言ってくる人いますけど
「知らねーよ!」
って思います。

 

だって、こちらはもう6年ぐらい毎日ヨーグルトを食べているんですよ。
ヨーグルトを食べていないやつより、少なくとも知識はあるし、お前は俺のかあちゃんかよ!?

 

いや母であっても、自分がヨーグルトを食べることをやめさせることはできないです。
なにも悪いことをしているわけではないので、自由にさせてくださいよ。

 

だからアレルケアも、ほしけりゃ買えばいいんです。
誰も購入を強制する人もいないでしょ。

 

 

 

 

 

L-92乳酸菌はアレルギー、特にアトピーに有効な結果がでている

もっと早くこれをいうべきだったと思いますけど。

 

アレルケアに配合されているL-92乳酸菌。
このL-92乳酸菌はアレルギーに有効な乳酸菌だとされています。

 

 

「アレルケア」っていう名前をつけている自体カルピス社も
「薬事法の関係でアレルギーに効果があるとは言っていない!
でもアレルケアって名前をつけちゃうよ!後は察してね!」
というわけです。

 

 

つまりアレルケアは
「アレルギーに有効なL-92乳酸菌を配合した乳酸菌サプリメント」
です。

 

 

まぁめんどくさい話ですよ。
よく牛乳を飲むと背がのびるといいますけど。

 

牛乳を飲むと背が伸びるのではなく、牛乳にはカルシウムが配合されています。
このカルシウムが骨を強くして、背が伸びるわけですね。

 

つまり牛乳を飲むと背が伸びる効果があるのではなく。
牛乳に配合されたカルシウム摂取で背が伸びる効果が期待できるわけです。

 

 

アレルケアも同じことで、アレルケアがアレルギーに有効なのではなく。
アレルケアに配合されたL-92乳酸菌がアレルギーに有効なんです。

 

L-92乳酸菌は特にアトピーへの研究を数多くしています。
アレルギーといえば、最近では花粉症対策として乳酸菌が注目を集めています。

 

アレルケアは花粉症対策としても人気です。
でも、自分のイメージの中ではアレルケアといえば、アトピー対策のイメージが強いですね。

 

 

画像右下をみてもらえればわかると思いますけど。
アレルケアって今でもそうなのかは知りませんけど、「アトピー協会推薦品」だったんです。

 

まぁアトピー協会推薦品だから効果があるとは限りませんけどね。
信用はしますよね。

 

 

ダニホテルも、アトピー協会推薦品ですから!!

 

 

 

アレルケアなんかより、よっぽどダニホテルのほうが効果があるのかよくわからないです。
まぁでもこういうのは、趣味というか、興味を持って購入するところがあるので。

 

購入して
「失敗した」
と思うタイプの人はダメなんですよ。

 

購入して
「いい経験した」
ぐらいに思わないとね。


ホーム RSS購読