アレルケアのエビデンス L-92乳酸菌

【アレルケア】エビデンスはL-92乳酸菌について

アレルケアのエビデンス

アレルケアのエビデンスってないんですよ。

 

 

これはアレルケアはL-92乳酸菌を配合したサプリメントなだけであって。
アレルケアの効果なんていうのは、どこにも明記されていないんです。

 

つまりアレルケアには効果があるとか、カルピス社はひとつも言っていません。

 

 

じゃあなぜ多くの人が
「アレルケアに効果はありますか?」
な感じになっているのかというと。

 

アレルケアのエビデンスは発表していないが、L-92乳酸菌のエビデンスは数多く発表しているからです。

 

つまり

  • アレルケアのエビデンス⇒×
  • L-92乳酸菌のエビデンス⇒○

こういうことですね。

 

 

用はアレルケアに限ったことではないんですけど。
ヨーグルトや乳酸菌サプリメントって、ほとんどがその製品の効果がアピールされているのではなく。
【乳酸菌の効果を発表している】
ものがほとんどです。

 

なのでエビデンスを調べたいのなら、製品名ではなく乳酸菌で調べるのがいいと思います。
まぁこういうのは結局薬事法があるので、製品ではなく、乳酸菌のほうで効果を発表するわけですね。

 

 

 

 

 

製品紹介ではなく、乳酸菌の効果紹介が多い

実際広告を見ていると、たしかにアレルケアを紹介している広告も多いですが。
ネットでは
【乳酸菌の効果を紹介した広告】
が結構でているんですよ。

 

 

カルピス社がL-92乳酸菌をアピールした広告を出すのは。
カルピス社がL-92乳酸菌を保有しているからですね。

 

なので、他のメーカーが勝手にL-92乳酸菌を配合したりはできないわけです。
だから、カルピス社は自社の利益につながるわけで、L-92乳酸菌の効果のアピールをするわけです。

 

 

もちろんエビデンスでは、カルピス社としては良いことをアピールしたいわけですから
「○○に効果がありました」
なんていうことは、目立つようにアピールしますけど。

 

「○○には効果がありませんでした!」
なんていうことは言わないか、小さく紹介するぐらいです。

 

 

用はメーカーとしては自社の利益になることをしたいわけです。
別に乳酸菌を研究して、なにか名誉な賞を得たいとかそういうわけでもないわけで…。

 

L-92乳酸菌のエビテンスと言っても、結局はカルピス社が
「魅力的な乳酸菌に見せよう」
な1つのことでしかないわけです。

 

 

たしかに実験や研究をしたり、研究結果を発表するというのは費用と時間を必要としますから。
簡単にできることではないので、エビデンスを出すこと自体よくやっているわけですけど。

 

カルピス社だけにいえることではなく。
明治や森永、雪印メグミルクといった大手ヨーグルト販売メーカーでも。
乳酸菌のエビテンスについては、カルピス社と似たりよったりだといえます。

 

そりゃそうですよね。
なんで企業がボランティアな感じで、実験や研究をするんですか。

 

企業は利益につながると思って投資をするわけであって。
投資されることで、実験&研究がされるわけです。

 

 

実験&研究ができない乳酸菌を特に保有していないメーカーは
「いろいろな乳酸菌を詰め込みました」
「乳酸菌を大量に配合しました」
な感じで、種類や量で乳酸菌を魅力的にみせようとしているわけですね。

 

 

乳酸菌の効果というのは、質が高いものがあるとか、質が悪いとかではなく。
どれだけ実験&研究がされているのかだと自分は思っています。

 

用は今現在も、実験や研究がされていないだけであって。
良質な乳酸菌は数多く存在しているはずなんです。

 

 

 

 

 

大手メーカーほど有利?

こうなってくると、資金力がある大手メーカーが良質な乳酸菌をアピールできるということになります。
実験や研究にお金を出すことができるわけですから。

 

でも実験や研究をがんばっても、その乳酸菌を配合した製品が人気になるとは限らないんです。

 

 

たとえば、サントリーはプロテクト乳酸菌という乳酸菌を発表しました。
当初このプロテクト乳酸菌のアピールにサントリーはすごくお金を投資したように感じます。

 

 

でもこのプロテクト乳酸菌を配合したプロディアという乳酸菌サプリメントは。
アレルケアと比べると、ずいぶん注目度が低く感じますし。
今現在は、ほとんど広告も見なくなりました。

 

 

このプロテクト乳酸菌が発表されたときは、いたるところでプロテクト乳酸菌の広告を見かけました。
それでも、イマイチヒット商品にならなかったわけです。

 

 

なので、実験や研究をして乳酸菌のエビデンスを発表しても。
その結果製品がかならず人気になるとも限らないわけです。

 

アレルケアがなぜ人気になっているのかはわからないですけど。
エビデンスがしっかりしていれば人気になるとも限らないわけです。

 

 

実際アレルケアの体験談では
「まったく効果がありませんでした」
系の口コミや評判もあります。

 

それなのに、アレルケアは今でも人気ですし。
カルピス社もいろいろな種類のアレルケアを出しています。

 

 

なので
「エビデンスがしっかりしていれば売れる」
というわけでもないのだと思います。

 

ここらへんは、よくわからないですね。
乳酸菌って人気になる製品と人気にならない製品があるように感じます。

 

 

インフルエンザ対策としてR-1ヨーグルトがブームになりましたけど。
免疫力を向上させる乳酸菌なんて、他にもたくさんあります。
それなのにR−1ヨーグルトがブームを起こしたわけですから。

 

 

メーカーとしても
「出してみないとわからない」
ってところがあるのだと思います。

 

なので乳酸菌のエビデンスっていうか。
研究&実験の発表というのは、たくさん出せば人気商品になるってわけでもない気がします。

 

 

まぁどんなに沢山のエビデンスがでていたとしても。
大事なのは結局は本人が乳酸菌を摂取して効果を実感できるかどうかですからね。

 

「牛乳飲んだけど背が伸びませんでした」
と言って、本気で怒っているような人ってそんなにいないと思うんです。

 

でもカルシウムは骨を強くして、身長が伸びる可能性があるのはたしかなことというか。
そういうエビデンスはたぶんでているでしょ。

 

エビデンスがでていても、実際自分自身にその効果がでるかどうかは運なところがあると思いますね。

 

 

じゃあなぜエビデンスっていうものがあるのかというと
【理屈を求めている人がいる】
わけですね。

 

ちゃんとした研究&実験結果がないと
「嘘くさいから試さない」
って人がいるわけです。

 

 

企業はそういう人が
「ふむふむ、効果があるかも」
と思えるようにするためにエビデンスを発表するわけです。

 

だから良い効果については大きくアピールしますけど。
効果がなかった系のことについては、特に触れないわけですね。

 

 

でもそれってあたりまえのことでは?
面接するときに、自分の悪い点ばかりをアピールする人なんていないでしょ。

 

よく思われるために、良い点ばかりアピールすると思います。
悪い点をアピールすれば、たしかに相手から
「この人は誠実なのかもしれないな」
と思われるかもしれませんけど。

 

そこまで考えるやつなんていねーわ!!!

 

 

サッカーなんて、得点だけ見て評価する人ばかりでしょ。
もし
「大会で合計10得点あげました」
「大会で合計3得点あげました」
この2人がいたら、おそらく10得点あげた選手のほうが優秀だと思うと思います。

 

でも実際試合をみたら、10得点をあげた選手はまったく走らず。
他の選手が優秀だったから、得点をあげれただけかもしれません。

 

3得点あげた選手は、チームメイトが素人同然だったのにもかかわらず。
この選手1人の力で、3得点をもぎとったかもしれません。

 

 

でもそこまでいちいち調べないでしょ。
結局判断は
「大会で合計10得点あげました」
「大会で合計3得点あげました」
数字というか、結果だけで判断して10得点あげた選手を獲得する人が多いわけで。

 

乳酸菌のエビテンスというのも、良いことをアピールしますけど。
悪いことというか、そっち系はアピールしなくて当然だと思いますね。


ホーム RSS購読