アレルケアと日本アトピー協会推薦品

【アレルケア】日本アトピー協会推薦品!効果があるとは限らない

アレルケアとアトピー協会推薦品

アレルケアって日本アトピー協会推薦品なんですよ。

 

 

昔のアレルケアのパンフレットの右下を見てもらうとわかると思いますけど。
日本アトピー協会推薦品のマークがついています。

 

 

でも最近は日本アトピー協会推薦品だということをアピールしていないですね。
それがなぜだかはわかりませんけど。
まぁいろいろと突っ込みを入れられるのが嫌だからなのかもしれません。

 

アトピー協会推薦品でも、アトピーに効果があると断言できるわけではないです。
あくまでもアトピー協会が推薦している品だということですからね。

 

 

実際アレルケアってL-92乳酸菌を配合したサプリメントなわけで。
アトピーに効果があるのは、L-92乳酸菌のほうなんですよね。

 

いわゆる牛乳で背が伸びるなんていう人がいますけど。
背を伸ばす期待があるのは牛乳ではなくて、カルシウムですよね。

 

 

 

 

 

日本アトピー協会推薦品の価値

日本アトピー協会推薦品の品はアレルケア以外にもいろいろあります。

 

 

たとえばダニホテルという製品もそうです。

 

 

でも、こういった日本アトピー協会推薦品って、あくまでも推薦されているだけであって。
それで効果があるってわけではないんですよ。

 

たとえば、アトピーである自分が
「○○がおすすめですよ」
と言っても、その製品がアトピーの人の必ず効果があるわけではないですよね。

 

 

どんなに人がおすすめしていても、実際に食べたり使ってみると
「あれ?そんなによくないかも」
と思ったりすることもあります。

 

まぁ最近の人はどちらかというと、褒めることが多いというか…。
テレビに出ている人なんて、そりゃ褒めるしかないですよね。

 

 

日本アトピー協会推薦品も、日本アトピー協会がいろいろ探しておすすめしているというより。
商品を販売している側が、推薦してもらおうとしていろいろした結果だと思うので。

 

日本アトピー協会推薦品というのは
【メーカー側がアトピーの人にアピールしたい製品】
と思っておけばいいと思います。

 

 

 

 

 

精神的(プラセボ)効果はある

それでもアトピー協会が推薦しているから
「この品物は信頼できる」
「効果がありそうだ」
と思える人は多いと思います。

 

 

なので大人アトピーの人にとっては、安心感が精神的効果とつながり、アトピーがよくなる可能性を高くしてくれると思います。

 

 

不安に思える製品を使うより、信頼できる製品を使ったほうが良い効果はでやすいです。
だから、人間いつも買っている品物を選びたがるというかな。

 

いつもとは違う製品を買って、失敗したくないから。
一度使って、満足した製品をよく選ぶわけですよね。

 

食事なんかでも、毎回違うメニューを試してみようという人と。
毎回同じものを注文する人に分かれたりしますよねぇ。

 

 

まぁたまに違うメニューを注文したりするとわかりますけど
「やっぱりいつも選んでいるメニューが一番だな」
みたいなことを思いますから。

 

自分の中で定番となっているものが、ポイント高いというかな。
そういうところはあると思いますね。

 

 

ということで、日本アトピー協会推薦品というのは、いわゆる製品を選ぶ目安ぐらいにはなりえるということですね。

 

外食でも、メニューを見て
「当店おすすめ!」
「人気ナンバー1!」
なんて書かれていれば、その製品を選びたくなるものです。

 

でもそういった製品を選んでも
「イマイチかな」
と思ったりすることもありますよね。

 

 

日本アトピー協会推薦品というのも、選ぶ目安にはなっても。
効果があるとは限らないわけなので、そんな感じに思っておけばいいと思います。

 

そもそもアトピーで病院に行くのも
【医者がおすすめするアトピー対策を実践する】
だけなんですよね。

 

アトピーを確実に治す方法なんて、まだありませんから。
でもアトピーを治す方法は山ほどあるので、病院に行くというのは医者がおすすめするアトピー対策を実践するわけですね。

 

 

 

 

 

怪しいか怪しくないかはその人の判断

これって怪しいか怪しくないのかは、その人の判断になります。
そんなの当然です。

 

たとえば、普段買っている食べ物だって、怪しいのか怪しくないのかはそれぞれの判断になります。
アレルケアはカルピス社が販売していますけど、カルピス社が怪しいのか怪しくないのかは人それぞれだと思いますし。

 

カルピス社はアサヒグループの1つですけど。
アサヒが怪しいのか怪しくないのかは、それぞれの判断になります。

 

 

でも大手メーカーほど、怪しいっていうイメージは少ないですよね。
ただそれもその人の判断にすぎなく…。
「大手だから大丈夫」
っていうのも、その人の判断でしかないです。

 

 

結局絶対ってことはないんですよ。
アトピー協会っていうのも、まさか趣味で作っているはずもなく。
なにかお金が動いているのは確実だと思います。

 

むしろお金が動いていないと、こういうのはできないものだと思います。

 

 

でもそんなことをいえば、お金が動かずにできることなんてなにもないですよね。
警察だって給料をもらってやっているわけで。
実際警察なんていうのは、正義の味方なわけでもなく。
単に給料をもらって仕事をしているだけの人でしかないです。

 

そんなのは警官と少し話してみればすぐにわかります。

 

 

用はアトピー協会が怪しいと思っているのは、その人自身がそう思っているか。
逆に信頼できるものがあると思っていることが、間違いなのかもしれません。

 

ただ自分自身。
これは信頼できると思います。

 

 

まさか自分の意志と別のことができるわけではないですよね。
自分自身は、自分の意志で行動できて、他人に動かされることはないと思うんです。

 

たしかに他人に命令されて、その通りやってしまうこともありますけど。
それは他人に騙されるというか、怪しい人に騙されたわけで。

 

自分自身だけは信頼できないとおかしいです。

 

 

そんなわけで、アトピー協会が怪しいと思うのなら。
自分自身を信じ、自分が信じるアトピー対策をすればいいんです。

 

アトピーをよくしようとするのに、他人を頼ろうとすること自体が甘えなのかもしれません。

 

 

 

 

 

求めすぎ?

日本アトピー協会が怪しいと思うのなら、なにを信じればいいのか?
さっきも書きましたけど
【自分自身】
ということになると思うんです。

 

でも、やっぱり誰かに頼りたくなりますよね。
実際誰かに頼ることは悪くないと思うんです。

 

 

たとえば、転んで膝をすりむいて血がでたら、消毒液やら絆創膏やら。
そういうものがあったら
「助かった」
と思ったりすると思います。

 

でも、それらの品がなくても、膝をすりむいて放置していたら勝手に治ると思います。
むしろ、消毒液や絆創膏が必須だったら、世の中ちょっと怖いですよね。

 

 

そういう考えは普通だと思います。
でもアトピーになると、そういう考えではない人は多い気がします。

 

それゆえに、頼りすぎになってしまうというか。
自分自身では無理だと最初から決めつけてしまうというか。
そんなところがあるように思いますね。

 

 

ただ、思うのは、そんなに他人というか、物とかを信じられるほうがおかしいというか。
多くの人は商売をしているから販売していると思うので…。

 

むしろお金が絡んでいないで、ガチのボランティアでいろいろやっているっていう人は、ほとんどいないと思います。
むしろ寄付とかも、お金持ちほどその見返りがわかっているケースが多い気がしますね。

 

 

どうでしょ。
考えてみてください。

 

イオンの入口のところで学生が
「募金お願いしまーす」
ってやっているのを見て、その学生がなぜ募金活動をやっていると思います?

 

人によっては
「恵まれない人がいて、その人たちをかわいそうに思っているから」
とか
「内申点を上げるため」
とかそういうことを思うと思うんです。

 

でもそういうのも勝手にやっていいものではないと思うんです。
いきなり自分がイオンの入り口で勝手に募金活動とかしたら、怒られるような気がします。
いや、実際知りませんけど。

 

 

でもやっぱり手間がかかると思うので。
そういうことをやるからには、なにかその人にとっての見返りがあると思うんですよね。
正義感が黙っていられないとか、内申点をどうしても上げたいとか。

 

 

なので、多くの人にとって
【なにごとも見返りを求めるのは当然のこと】
な気がします。

 

ただその見返りが人によってさまざまだと思います。
アトピーで
「これを使えばアトピーが完治だ!」
と期待している人もいれば

 

アトピーで
「これを使えば、少しはかゆみがおさまるかも」
なことを期待している人もいるかもしれません。

 

その差は大きすぎる気がします。
むしろかゆみがおさまることを期待していること自体も、結構大きなことを望んでいると自分は思います。

 

 

なにでアトピー協会推薦品っていうのも。
別に推薦しているだけなわけで、それが嘘とかもない気がします。

 

カップヌードルを
「おいしい」
という人もいれば
「こんなジャンクフード食べたくない」
って人もいると思います。

 

どちらが正しいとかもないと思いますし。
別に
「おいしい」
と言っている人が、カップヌードルをその後も食べ続けないといけない理由もないですし。

 

「こんなジャンクフード食べたくない」
と言った人でも、その後カップヌードルを普通に食べてもいいと思います。

 

 

だから、アトピー協会推薦品だから
「望んだ効果がでないと許さないぞ!」
っていう考えなのは、ちょっときつすぎる気がします。

 

この世の中で、購入して満足できる品物ってそんなに多くもない気がします。
100円ショップで安いと思っても、買って満足できる品っていうのは、そんなに多くないと思います。
購入して何度かリピート購入しても、いつかは買わなくなっているような気がします。

 

世の中は、あったらそれなりに便利だけど、別になくても大丈夫って品であふれていると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ