アレルケアを子供に

アレルケアを子供に与えるべきか?時間との関係

アレルケアを子供に与える

アレルケアを子供に与えるべきなのか。
これは時間の関係があると思います。

 

 

例えば、自分は顔がボロボロになりました。
これがある程度よくなるのに、10か月かかりました。

 

10か月といえば、ほぼ1年です。
こうやって文字にすると、一瞬に思えますけど、約1年というのはかなり長かったです。

 

 

その間に、かきむしって落ち込んだり。
かきむしって、血だらけになったり。
まぁいろいろありました。

 

 

つまり、期待しているのは
「すぐによくなる」
みたいな感じでも。

 

実際10か月…約1年もかかるのなら
「ダメだった」
と思う人がほとんどだと思う点です。

 

 

実際、アレルケアはいらないのかもしれません。
まぁ、だから時間がかかると思って、覚悟する必要があるのだと思います。

 

 

 

 

 

なぜ普通ではないのか?

自分は顔がゾンビみたいになって
「なんで?」
と思いました。

 

なんで普通ではないのか?
むしろなんで、いままで普通だったのか?
むしろ、みんななんで、顔がゾンビみたいにならないのか?

 

もうなにがなんだかわからなくなりました。

 

 

普通が普通ではなかったです。
なにが普通なのかもわからなかったです。

 

 

顔がひどくて、外出するのもきびしかったし
「こんなのもう人生終わった」
とも思いました。

 

 

だから、そんな感じで。
すぐによくなるみたいな甘い考えではなく
「よくなったら奇跡」
ぐらいな気持ちがいいのでは…。

 

なんかそういう風に聞くと
「なんだそれ」
「治って当然だろ」
って思う人もいるかもしれませんけど。

 

 

自分は10か月ですよ。
たびたび
「あぁ、これはもう治らないわ」
みたいなことを思いましたけどねぇ。

 

 

 

 

すぐによくなると思わない

アレルケアは乳酸菌なので
「3か月ぐらい断続するのが大事」
とか言われていますけど。

 

 

3か月でよくなるほど甘くはないと思うんです。
でも人はどうしても、即効性を期待してしまいます。

 

 

そういうところでどうしても
「アレルケアとか意味がない」
って思うところがあると思います。

 

 

実際自分も顔がボロボロになったときは、食べ物がどうとか以前に
【睡眠時間をしっかりとる】
これが必須だと思いました。

 

後はストレスを感じると痒くなるので。
もし身近に、ストレスを与えるような人がいるのなら要注意です。
自分にとっては、それが母親だったんですけど。

 

 

10か月って、ほんと長いですよ。
その間、顔がぼろぼろで、むしろ顔がぼろぼろな状態の生活のほうが普通でした。

 

体からは、皮膚みたいなものがぼろぼろ落ちるので。
ちょくちょく外にでて、服をぱたぱたしていましたし…。

 

 

まぁそんな感じで。
期待に沿えない気がします。

 

それは期待が大きいのと、よくなるのには時間がかかるという点で。
アレルケアにそこまでのポテンシャルはないと思います。

 

 

ステロイドは即効性がありますけど。
それは薬の力であって、別によくなったわけではないですからね…。

 

 

だから、まぁ、結局は約1年我慢して。
少しずつでもよくしていくしかないと思います。

 

 

洗いすぎ注意ですよ。
洗ったら綺麗になりますけど、それはよくなっているわけではありません。
ステロイドにも同じことが言えるんですよ。

 

ステロイドも塗ればきれいになりますけど。
それはよくなったわけではないんですよ。

 

 

治すためには、自分の力…。
自然によくなることが必須なので…。

 

まぁだから、アレルケアも実際は使わないでよくなったほうがいいのかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ